「プレ更年期」について

プレ更年期とは?

「最近不調が多くて、これってプレ更年期?」と感じることありませんか? 


まず、更年期とは閉経を挟んだ前後5年の10年間の時期を言います。日本女性の閉経年齢の平均は約50歳ですから、45歳~55歳が更年期世代と言われます。


更年期障害は、この年代で女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少することが原因で起こる、体や心や肌のさまざまな不調の症状のことを言います。


では、プレ更年期とは? 

更年期世代の前の年齢にもかかわらず、更年期世代に起こりやすいエストロゲン減少による不調がすでに出てしまっていることを言い、更年期世代前の30代後半~45歳くらいまでのことを言います。

更年期障害は医学的に確立された病名ですが、プレ更年期は医学的正式な病名ではありません。


更年期の場合は、加齢による卵巣の機能低下が原因ですが、プレ更年期の不調の多くは卵巣の老化よって起こるものではありません。 プレ更年期の場合は、その多くが、不規則な生活やストレス、食生活、夜更かしなどによる自律神経の乱れが原因と言われています。さらにその影響を受けて、生理周期が乱れるなど、ホルモンバランスに影響が出てくることにつながり、頭痛・肩こり等の不定愁訴や慢性疲労・部分冷え・痩せにくくなったなどのお悩みになってしまいます。

これを見逃してはいれません( *`ω´)

その不調、プレ更年期?

最近感じているその不調。

「プレ更年期」なのかどうかチェックしてみましょう。



□腰や手足が冷たい、冷える

□息切れや動悸がする

□頭や首からの発汗が多い

□ほてりを感じる

□頭痛、めまいや吐き気を感じる

□とても疲れやすくなった

□ダイエットしても痩せにくくなった

□口の中や目の粘膜が乾く

□便秘や下痢をしがちになった

□肩こり、腰痛、手足首の痛みを感じる

□イライラや感情の起伏が激しくなったような感じる

□寝つきが悪く眠りが浅い

□涙もろくなった

□お肌に湿疹やかぶれが出やすくなった

□肌の乾燥が気になる

□お肌に張りがなくなってきた



下記に3つ以上当てはまると要注意、

5つ以上当てはまると「プレ更年期」の可能性が高くなります。


是非、ご自分の身体の変化に目を向けてみてくださいね⭐︎